商品番号  0051
在庫  在庫あり
サイズ  11.00 x 15.20cm
3,240円
税別  3,000円

この美しい富士の絵は、蹄斎北馬(ていさいほくば)が1820年代に画いたものです。あまり知られていない絵師ですが、葛飾北斎の弟子です。富士山を題材とした版画は、私共のカタログにたくさんありますが、これからも増えてゆくことでしょう。ユネスコの世界遺産に認定されたとなれば、なおの事です。

この作品の元となった版画はこれよりも幾分大きく、「摺物」として出版されたものです。摺物は販売を目的として作られた版画ではなく、個人あるいは同好会の人たちが、友人や知人と分け合って楽しむ目的で制作を依頼したものですから、美しい作品にするためならば、金に糸目をつけることがなかったのです。丁寧にご覧いただくとお分かりになると思いますが、木版館ではこれと同じ方針で復刻しました。山の形には銀色を配し、花びらには浮き出し文様を付けてあります。

皆様に喜んでいただける作品を作るという意図はもちろんですが、それよりも、皆様に摺物の美しさの虜になって頂きたいと強く願って制作しました。