商品番号  0334
在庫  在庫あり
サイズ  11.00 x 15.00cm
3,240円
税別  3,000円

広重は、1830年代に鳥を題材に一定の型と手法で描いたシリーズを製作しています。今回はその作品のひとつに、ちょっと手を加えてみました。彫りはかなり大雑把で自然体、筆の流れにできた掠れも、そのままに表現されています。 広重は花鳥画にあまり関心がなかったようですが、チャーミングな雰囲気を持つこの作品には、とても彼らしさが出ています。(眠るミミズクを描写した作品は、他にもあります。)オリジナル作品には短い歌が入ってますが、絵自体の「静寂」な雰囲気を残したく、今回そちらは省略してあります。 (実は正直なところ、私共スタッフの誰も解読できないのです…。とは言え、当時の人なら誰でも知っているような事柄を暗示した歌であることは、ほぼ確かです。) この作品が初めて世に出てから200年近くも過ぎた今、こうして蘇らせることができましたこと、私共としては何とも嬉しい限りです。