中国の切り絵(オレンジ色)
この美しい版画は、今まで私が製作してきた作品とは違う点があります。それは、オリジナル作品が国産ではなく中国産であり、版画ではなく切り絵だという事です。遠い昔、中国からは様々な技術や伝統が日本に伝わって..
中国の切り絵(ブルー)
この美しい版画は、今まで私が製作してきた作品とは違う点があります。それは、オリジナル作品が国産ではなく中国産であり、版画ではなく切り絵だという事です。遠い昔、中国からは様々な技術や伝統が日本に伝わって..
京都上賀茂
¥4,400
これは蘇った新版画です。というのは、つい最近、昔の版木を用いて木版館工房が新たに摺った作品だからです。 作者は20世紀の前半世紀に活躍した土屋光逸で、1930年代(私共の知る限りでは)に版元の土井版画..
人形
¥4,400
..
冬ごもり
¥4,400
これは江戸後期から明治初期にかけて活躍した柴田是真の絵です。彼の作品は漆器が最も有名ですが、版画用の絵や根付などの小さな立体も制作しています。御覧の作品は、彼がデザインした版画を集めた本の中にありまし..
冬景色
¥6,600
これは「北斎画譜」からの作品で、1849年に名古屋で出版されたものです。この絵本が現代に至ってもなお魅力を持ち続けている理由、私には分かる気がします。はるか遠い昔に画かれた興味深い絵の数々です。それに..
北斎の亀
¥4,400
「北斎を経て」とは、一体どういう意味?このカタログにある他の版画にはこんな題は付いていません。実在する絵をもとに版木を起こしてつくられたのでしょうか?こういった種類の版画には、どのような表現が良いので..
北斎の鯉
¥4,400
数年前のこと、ある店で魚を題材にした版画を数枚見付けました。北斎作と書かれていましたが、実際のところは知る術もありません。昔の版元は「掘り出し物」の絵を利用して新しい版画を作ったもので、私も同じように..
千社札コレクション (2011 夏)
千社札シリーズは順調に進行、今回は制作スタッフをご紹介しましょう。前回は名前だけでしたので、もう少し詳しい内容を加えます。絵師:関香織(26)19歳の時から浮世絵が好きになり、浮世絵風の絵を描きはじめ..
千社札コレクション (2011 春)
千社札コレクション、その第一作が完成しました!「千社札」と聞くと、神社の柱などに貼付けてある、文字の書かれた木版の札を思い浮かべる方が多いことでしょう。でも20世紀初期には、この形式を取りつつも、限り..
南画 
¥6,600
これは、南画家の中林竹洞の描いた絵で、1812年に出版された「竹洞山水画稿」の中にあります。日本の南画は、御覧になってお分かりになるように、中国から入ってきた作風です。19世紀以前の中国絵画に、南宗画..
品川汐干狩
¥7,700
一目ですぐにわかりますね、安藤広重の作品です。以前の「百人一首シリーズ」が終わりにさしかかった頃、その次に手掛ける作品について、たくさんの人達がいろいろな案を出して下さったのですが、なかでも飛び切り多..
大黒と恵比寿
..
娘と桜
¥8,800
この版画は、前回の北斎を数世代さかのぼった西川祐信の作品です。祐信は1750年に亡くなっていて、これは北斎が生まれる10年前にあたります。作られた場所の方も移動しています。今日よく知られている浮世絵は..
安藝宮島
¥19,800
..
表示 16 ~ 30 75件中 (5 ページ)

絞り込み

  • 価格
    - ¥
  • タグ
    0
    0
    0