media

にじみ止めのドーサ引きは、摺りに入る前の大切な工程です♪



閉店後の工房でなにやら人知れず作業をはじめた

木版館メンズスタッフの青山さん&河合さん。

面白そうなので覗いてみました。



このドーサ液の入ったオリジナル容器に、手漉き和紙(越前奉書)をくぐらせていきます。






まずは青山さん。




お、出てきた。余裕の表情?




まだまだ、最後まで慎重に。。



じゃーん、できました!




つづいて、摺体験担当の河合さんが初チャレンジ。

果たして、うまくできるでしょうか? 真剣な表情のふたり。。





紙をセットして、いざ出陣。




なかなかサマになってます!




緊張のクライマックス。。




無事にできました!




この工程をひたすら繰り返し、半日かけてゆっくり乾燥させていきます。

青山さん、河合さん、遅くまでおつかれさまでした〜!