media
media

こんにちは!木版館のスタッフを紹介したいと思います。最初は自己紹介です!


ヒルカー・キャメロンと申します。アメリカ人で、シカゴ市の近くから2014年に、日本に引っ越してきました。趣味はハイキングと撮影(特に風景や動物が好きです)と家族との旅行です。日本に来てから、もう三年間経っていますが、日本語はまだまだですので、変な日本語を書いてしまったら許してください。


今年10月から木版館で働き始めたばかりです。木版館で働くのがとても面白いと思います。木版館で何をしているかとよく聞かれています。答えはちょっと複雑です。今まで、木版館より小さな会社だけで働いていましたので、いろんなことをする仕事にもう慣れています。基本的には、仕事は「手伝い」です。最近、この新しいホームページ作成の手伝いをしていますが毎日違うことをしています。例えば、ある日は注文処理やメールのやり取り等していて、次の日は販売や会計等をします。毎日が違いますから、とても面白くて、楽しい仕事です。


5年前私がまだアメリカにいるときに、キックスターターのホームページには、浮世絵ヒーローというものが載せていました。浮世絵ヒーローというのは、テレビゲームのキャラクターを浮世絵のふうに変化している木版画というものです。とても気になっていて、姉が一枚を買ってクリスマスのために私にくれました。それから、何年間が立って、日本にいるときに、姉の知り合いの知り合いの紹介で、浮世絵ヒーローのイラストレーター(ジェド・ヘンリー)にテレビ電話で会いました。友達になって、ジェドの代わりに2016年の東京コミコンに行って、浮世絵ヒーローを売りました。とても楽しかったです。


そのあとは、ジェド・ヘンリーがデービッド・ブルに紹介してくれて、木版館で働くようになって、浮世絵ヒーローだけじゃなくて、すべての版画が好きになりました。ですので、世界の皆さんに伝統的木版画を紹介したいと思います。この新しいホームページをご覧になっていただければ幸いです。