商品番号  0085
在庫  在庫あり
サイズ  15.00 x 11.00cm
3,300円
税別  3,000円

この美しい版画は、今まで私が製作してきた作品とは違う点があります。それは、オリジナル作品が国産ではなく中国産であり、版画ではなく切り絵だという事です。


遠い昔、中国からは様々な技術や伝統が日本に伝わってきました。多くの人は版画もその中のひとつだと考えていることでしょう。(漢字はその最たるものですが)でも実際は違うのです。


多色摺りは、中国の方が日本よりも少し早く使われ始めていました。日本よりも以前に文化が発達していた国ですから。でも版画の技法は、其々の国でまったく違う方向に発展してきたのです。


使われる紙の質がまるで違うということも、大きな要因に挙げられるでしょう。中国の紙はとても薄く、習字にはとても適しています。一方、日本の紙は(国内で様々な和紙が作られていますが)もっとしっかりした「質感」があるので、力強い繰り返しの摺りに耐えられるのです。


金属細工においても二国間では大きく異なります。日本刀の鋼は、職人技術が最高峰に達した物として認められていますが、木版画で使用する彫刻刀やノミにはその技術が大きく影響しています。


このように様々な要素が絡んではいますが、日本の木版画技術をここまで押し上げた主な要因はやはり、日本人の持つ嗜好です。織物、焼物、木工細工と、どの分野を見ても日本人は完璧を追い求めてきたのです。


作品に見える、くっきりした明瞭な線と美しいぼかし。この木版画を見ていると、そうとしか思えません。たとえそのルーツが海の向こうにあったとしても。