春信の雪
4,320円
雪の中を行く着物姿の女性は、伝統的な浮世絵に良く出て来る場面です。絵師は鈴木春信で、多色摺りが始まった頃の作品です。この絵は何度も再版されていますが、最初は「風流四季の花」というシリーズの冬に入ってい..
月明かりの梅
明治14年のこと、あるドイツ人が、日本の植物を海外に輸出しようと、横浜で種苗業を始めました。その人が、あるとき、日本で親しまれている花や植木を紹介するために、顧客向けの商品目録を色付きで作ろうと思い付..
朝顔と釣瓶
7,020円
絵の作者は?それが分からないのです。この絵が載っている本の奥付が一部ちぎれてしまっていて、絵師の名前が(その頁に書かれていたとすればの話ですが)ないからです。出版の日付は明治23年とあり、「美術画譜」..
機を織る娘
3,240円
これは明治25年に出版された、尾形月耕作の「婦人風俗尽」という版画シリーズからの作品です。元々は大判サイズで、その一部を切り取って2005年に「版画玉手箱」の1作品としたものを、木版館用に新たに摺った..
波裏
16,200円
..
浮世絵ヒーローズ「ポートレイト」セット1(定期購入)
毎月新作「ポートレイト」がご自宅まで届きます。絵師:ジェド・ヘンリー   彫師:デービッド・ブル第一月の料金: ¥ 3,500 (最初の1枚)+ ¥5,000(ディスプレイボックス*)+ 送..
浮世絵ヒーローズ「ポートレイト」セット2(定期購入)
毎月新作「ポートレイト」がご自宅まで届きます。絵師:ジェド・ヘンリー   彫師:デービッド・ブル第一月の料金: ¥ 3,500 (最初の1枚)+ ¥5,000(ディスプレイボックス..
滝を登る鯉
6,480円
この作者である柴田是真は、筆使いの巧みな事で知られていて、この絵には、彼の特徴とされるところが顕著に出ています。対象を完全に画ききらないのです。魚の形・岩の形・水しぶき... もうこれだけで、十分に内..
烏と月
7,560円
一般に光琳作と称されていますが、元々の原画はどのように描かれていたか、詳細は定かでありません。この作品の元になったのは、おそらく明治時代にたくさん複製された中のひとつでしょう。バリエーションはともあれ..
牡丹と雀
5,400円
この版画は、明和(1770年前後)の頃に作られました。これは八枚ひと組となっている作品の一枚で、漢詩にあまり親しみのない方のためにちょっと説明を加えてみることにしましょう。主題に「見立草木八景」とあり..
猿とカニ
6,480円
この雅趣のある絵は、歌川豊広の筆というのが定説になっています。私は落款のないものしか見た事がありませんが、印章のついた版もあるとのことですし、この上品な雰囲気は彼の絵の特徴でもあります。豊広は、浮世絵..
白鷺と菖蒲
6,500円
今回もその例で、広重が描いたこの絵は、丈がおよそ38センチだったものを23センチに縮めています。この作品を額に入れて壁に掛ける場合は、ひと目見た時の印象が薄くなるかもしれませが、手に取ったりアルバムを..
相撲
3,240円
木版館では、あまり名が知られていない絵師の作品を皆さんに積極的に紹介していきたいと思っています。この作品は1817年に名古屋で出版された木版画写真集からの1枚です。不形画藪(ふきょうがそまたは、ふけい..
秋の盆栽
3,240円
明治14年のこと、あるドイツ人が、日本の植物を海外に輸出しようと、横浜で種苗業を始めました。その人が、あるとき、日本で親しまれている花や植木を紹介するために、顧客向けの商品目録を色付きで作ろうと思い付..
立ち姿
7,560円
この派の絵師達については、ほとんど知られていませんが、手持ちの参考文献には、彼等がどんな人達だったか、そしていつ作品が作られたのかということにつて、相い矛盾する情報がたくさん書かれています。この懐月堂..
童と牛
7,000円
"この絵は、おそらく御覧になったことがないでしょう。そして、絵師の名前も聞いた事がないのでは....。署名(可笑斎春扇)から察っして、18世紀末、勝川春章の門をくぐったあまたの中のひとりであることは、..
表示 33 ~ 48 64件中 (4 ページ)

絞り込み

  • 価格
    円 -
  • タグ
    0
    0
    0