北斎の鯉
3,240円
数年前のこと、ある店で魚を題材にした版画を数枚見付けました。北斎作と書かれていましたが、実際のところは知る術もありません。昔の版元は「掘り出し物」の絵を利用して新しい版画を作ったもので、私も同じように..
句会
6,480円
今月の作品は四条派風の絵で、浮世絵がくっきりとした明確な線で描かれるのに対し、とても絵画的です。署名は「山方」となっていて、「写」という文字が加えてあるので、無名の絵師によるものを山方が写したのか、あ..
妖怪シリーズ(定期購入)
毎月新作「妖怪シリーズ」がご自宅まで届きます。絵師:ジェド・ヘンリー   彫師:デービッド・ブル第一月の料金: ¥ 4,000 (最初の2枚)+ ¥1,000(クリアファ..
娘と桜
8,640円
この版画は、前回の北斎を数世代さかのぼった西川祐信の作品です。祐信は1750年に亡くなっていて、これは北斎が生まれる10年前にあたります。作られた場所の方も移動しています。今日よく知られている浮世絵は..
市川団十郎
7,020円
「摺物アルバム」を始めて4年目、歌舞伎の版画が今まで入っていなかったとは!浮世絵の中では、役者絵が、一番の人気を得た分野であったことを考えると、私が怠慢だったのかもしれません。でも、力強さと躍動感のあ..
弁財天
4,320円
これは弁財天で、七福神の中の3人を画いた、一連の作品の中にあります。弁財天が何の神様かについて調べてみた所、諸説あるようなので、その中から私に都合の良い「芸術と音楽」を選んでおくことにしましょう。 こ..
春の富士
3,240円
この美しい富士の絵は、蹄斎北馬(ていさいほくば)が1820年代に画いたものです。あまり知られていない絵師ですが、葛飾北斎の弟子です。富士山を題材とした版画は、私共のカタログにたくさんありますが、これか..
月明かりの梅
明治14年のこと、あるドイツ人が、日本の植物を海外に輸出しようと、横浜で種苗業を始めました。その人が、あるとき、日本で親しまれている花や植木を紹介するために、顧客向けの商品目録を色付きで作ろうと思い付..
機を織る娘
3,240円
これは明治25年に出版された、尾形月耕作の「婦人風俗尽」という版画シリーズからの作品です。元々は大判サイズで、その一部を切り取って2005年に「版画玉手箱」の1作品としたものを、木版館用に新たに摺った..
永代橋雨の夕暮
この絵を写生したのは、正確に1852年2月25日と記録されています。彼が書いた旅日記の書き写しが保存されていて、その中に、船で木更津に旅をした時のことが書かれているからです。この日の夕方に江戸橋を出発..
浮世絵ヒーローズ「ポートレイト」セット1(定期購入)
毎月新作「ポートレイト」がご自宅まで届きます。絵師:ジェド・ヘンリー   彫師:デービッド・ブル第一月の料金: ¥ 3,500 (最初の1枚)+ ¥5,000(ディスプレイボックス*)+ 送..
浮世絵ヒーローズ「ポートレイト」セット2(定期購入)
毎月新作「ポートレイト」がご自宅まで届きます。絵師:ジェド・ヘンリー   彫師:デービッド・ブル第一月の料金: ¥ 3,500 (最初の1枚)+ ¥5,000(ディスプレイボックス..
烏と月
7,560円
一般に光琳作と称されていますが、元々の原画はどのように描かれていたか、詳細は定かでありません。この作品の元になったのは、おそらく明治時代にたくさん複製された中のひとつでしょう。バリエーションはともあれ..
牡丹と雀
5,400円
この版画は、明和(1770年前後)の頃に作られました。これは八枚ひと組となっている作品の一枚で、漢詩にあまり親しみのない方のためにちょっと説明を加えてみることにしましょう。主題に「見立草木八景」とあり..
猿とカニ
6,480円
この雅趣のある絵は、歌川豊広の筆というのが定説になっています。私は落款のないものしか見た事がありませんが、印章のついた版もあるとのことですし、この上品な雰囲気は彼の絵の特徴でもあります。豊広は、浮世絵..
白鷺と菖蒲
6,500円
今回もその例で、広重が描いたこの絵は、丈がおよそ38センチだったものを23センチに縮めています。この作品を額に入れて壁に掛ける場合は、ひと目見た時の印象が薄くなるかもしれませが、手に取ったりアルバムを..
表示 17 ~ 32 44件中 (3 ページ)

絞り込み

  • 価格
    円 -
  • タグ
    0
    0