牡丹と雀
5,400円
この版画は、明和(1770年前後)の頃に作られました。これは八枚ひと組となっている作品の一枚で、漢詩にあまり親しみのない方のためにちょっと説明を加えてみることにしましょう。主題に「見立草木八景」とあり..
猿とカニ
6,480円
この雅趣のある絵は、歌川豊広の筆というのが定説になっています。私は落款のないものしか見た事がありませんが、印章のついた版もあるとのことですし、この上品な雰囲気は彼の絵の特徴でもあります。豊広は、浮世絵..
秋の盆栽
3,240円
明治14年のこと、あるドイツ人が、日本の植物を海外に輸出しようと、横浜で種苗業を始めました。その人が、あるとき、日本で親しまれている花や植木を紹介するために、顧客向けの商品目録を色付きで作ろうと思い付..
赤とんぼ
7,560円
これは 1788年から1790年にかけて作られた、自然をテーマとした絵入狂歌本にあった喜多川歌磨の作品です。この作品の製作には、まだ試した事のない摺りの技術が必要で、腕試しの良い機会でした。まず、絵の..
飛び出す鯉
4,320円
これは、明治31年(1898年)に発売された着物文様集にあった作品です。まだカラー写真はなく、カラー印刷の技術もなかった時代なので、日本中の和服業者向けの彩色カタログは伝統木版画で作るしかなかったので..
鳥とびわ
3,240円
1830年代初期、安藤広重が描いた一連の花鳥絵の中にある作品です。彼と版元は、このような絵を大量に作っていますが、どれも題材とした鳥に花を組み合わせています。全作品を集めると、当時日常的に見られた花と..
鴛鴦 
7,560円
原画は今から200年以上も前に磯田湖龍齋が描いています。彼の筆で描かれた墨線を彫った版は原画とまるで同じですが、その後の色摺りを原画がたったの3色のところを20色使いました。ですから、この版画を全体と..
鶴と波
6,480円
..
5,400円
6,480円
3,240円
7,560円
3,240円
7,560円
6,480円
表示 17 ~ 24 24件中 (2 ページ)

絞り込み

  • 価格
    円 -
  • タグ
    0
    0