相撲
3,240円
木版館では、あまり名が知られていない絵師の作品を皆さんに積極的に紹介していきたいと思っています。この作品は1817年に名古屋で出版された木版画写真集からの1枚です。不形画藪(ふきょうがそまたは、ふけい..
秋の盆栽
3,240円
明治14年のこと、あるドイツ人が、日本の植物を海外に輸出しようと、横浜で種苗業を始めました。その人が、あるとき、日本で親しまれている花や植木を紹介するために、顧客向けの商品目録を色付きで作ろうと思い付..
立ち姿
7,560円
この派の絵師達については、ほとんど知られていませんが、手持ちの参考文献には、彼等がどんな人達だったか、そしていつ作品が作られたのかということにつて、相い矛盾する情報がたくさん書かれています。この懐月堂..
童と牛
7,000円
"この絵は、おそらく御覧になったことがないでしょう。そして、絵師の名前も聞いた事がないのでは....。署名(可笑斎春扇)から察っして、18世紀末、勝川春章の門をくぐったあまたの中のひとりであることは、..
美の謎(定期購入)
「美の謎」シリーズについてこのシリーズを考えているときに、私がノートにメモした内容はこのようになりました。『日本の木版画の美しさを探求してみよう。このシリーズの面白みと魅力はどこにあるのだろうか。ここ..
群盲象を撫ず
私のコレクション中に、明治時代に作られた多色摺り木版画集があり、そこに英一蝶(はなぶさいっちょう)(17世紀後期〜18世紀初期)という人の絵が入っています。彼は、当時を遥かに遡った時代に題材を得て、そ..
自転車と少女
今回も復刻ですが、例によって、原画のまま用いるというのではなく、ちょっとばかり脚色をしています。「吾妻風俗」という、周延が明治34年に画いた大判サイズのシリーズがあり、その中にある絵の一部を切り取った..
荘子の夢
5,000円
葛飾北斎が描いた「北斎写真画譜」からの絵で、これは見開きページになっていました。この本の初版は1814年で、どうしてかなあと思うのですが、15枚の絵にはなんの説明もないし、本の主題といったものもないよ..
荻野 伊三郎
3,240円
これは、おそらく1730年代の作品でしょう。絵師は西村重信、出版元は「いせや」となっています。着物にある大きな紋から判断して、役者はこのころ人気のあった荻野伊三郎です。どのような演目のどの場面を描写し..
赤とんぼ
7,560円
これは 1788年から1790年にかけて作られた、自然をテーマとした絵入狂歌本にあった喜多川歌磨の作品です。この作品の製作には、まだ試した事のない摺りの技術が必要で、腕試しの良い機会でした。まず、絵の..
達磨大師
3,240円
..
針仕事
7,560円
1830年代の物です。これは、浮世絵ではありません。役者や美人、あるいは名所などを題材とする浮世絵とはまるで違う絵です。そして、この版画は、原画にあるおおまかな筆の持ち味を、できるだけ生かすように作っ..
雨の不二
3,240円
この絵は葛飾北斎の富嶽百景の中の第3巻にあり、1849年に出版されたものです。手抜きをして一色しか使っていないなどと思わないでください、ちゃんと4色使っています!ここ日本では、はっきりとした季節を表す..
雪
7,560円
静穏な作品です。絵師の名前はこの版画のどこにも見当たりませんが、これが安藤広重の筆であることは疑う余地のないところです。彼は、たくさんの連続物を描いているので、そのどれから取り上げたのか皆目見当がつき..
雪路
6,480円
北斎が「漫画」として描いた絵はとてもたくさんあるので、版画の題材として面白味のある作品は、一生かかっても復刻しきれない程あります。もちろん、全部を手掛けようなどと考えているわけではありません。私に残さ..
表示 65 ~ 80 88件中 (6 ページ)

絞り込み

  • 価格
    円 -
  • タグ
    0
    0
    0